2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンチェスターユナイテッド戦




先週末に開催されたセレッソ大阪VSマンチェスターユナイテッドの試合に行ってきました。
いや~初めてのBIGマッチ。
それなのにiphoneから撮った写真はピンボケ。
う~んイケテねぇ。





ま、それはそうとして、
世界屈指のクラブのサッカーを生で観れるんだから
一応それなりにサッカー好きを公言している僕にとってもテンションの上がる1戦。

......とはいえねぇ

ルーニーは早々と怪我で戦線離脱して来日してないし、
セレッソも主力の3人が日本代表に持って行かれてなんとも味気無い感じ。
これで7000円は高いぜ!ヤン○ーさんよ(完全なヤツ当り)


ま、でも調整不足の否めないユナイテッドとはいえ、
さすがに世界トップのリーグで戦ってるクラブだけあるわ。
万全で無い中でもスピードが違う違う。

セレッソなんてリーグ戦真っ只中のコンディションも万全なのに、
軽く置いていかれる感じなんだもん。
抜ききらないまま上げるクロスの精度も高いし、
トラップ1つにしても全然セレッソの選手より上手い。

やっぱ世界トップは違うやね。

リーグ戦を戦ってる訳じゃないからある意味お祭り。
試合観るのもどこかのんびりって感じが抜け切れなかったんだけどさ、
あれよあれよでセレッソ先制だし。

健勇決めちゃったし。
なかなかチャンス貰えなく、主力が抜けた中やっと巡ってきたチャンス。
しっかり...とまでは言えないまでも決めきったのは自信になるかもね。
ここからガンガンスタメン争いに食い込んで来てくれたら嬉しいけどね。

それよりも圧巻だったのは拓実ね。
あのシュートは凄かった。
あれはユナイテッドの選手がベストコンディションだったとしても取れなかっただろうね。
それぐらい凄い1発だったと思うし決まった瞬間鳥肌立っちゃったもんよ。

いや~あれは下手すりゃ曜一朗よりも先に海外からオファー来るかも知れないよね。

でさ、ここまで来たら勝ちたいじゃない?
フレンドリーとかそういうのは置いといてセレッソがユナイテッドに勝つなんて
そうそうある事じゃないからさ。
ここまで来たら勝ち切ってしまえ!って思って「アディショナルタイム1分」って出た途端に
あっさりと失点。

いやまあセレッソらしいっちゃセレッソらしいよ。
こういう勝ちきれない感じね。
ほんま最後の最後でいつものセレッソやんって感じ。

いつもはそれでも良いけど、今回だけは勝って欲しかったわ。


ま、でも初めてのユナイテッド戦。
お祭りやったけど楽しかった。

こういうの毎年続けてくれたらなぁ。
来年はフランクフルトくらい来ないかね?

スポンサーサイト

浦和戦

moblog_06fdb60e.jpg


いやあGW終わってた。

ギリギリまで仕事の調整に追われ、
気が付けばカレンダー通りの休みになってしまい、何の予定も無いわ!?って感じのGWでした。

結局出掛けたのはセレッソ観に行っただけという。

まあ連休最終日って事もあってみんな暇だったのかね?
3万人超えの観客で浦和相手になかなか面白いサッカーやってくれたと思うわ。
これだけピンクに囲まれた中でサッカー観たのも久し振りじゃないかな。

それにしても久々にワクワクしたサッカー見せて貰ったな。
勝てなかったけど負けなかった。
勝てた試合だったかも知れないけど上位チーム相手に勝点奪い取った。

そんな感じだけど、
昨日の様なサッカーをやってくれてるんなら全てが許せてしまえそうな気がする。


ま、でもまだリーグも始まったばっかり。
今の段階で順位がどうのこうのってのもまだ早い。

これからこれから。
落ちていかなきゃそれで良いよね。

4月のサッカー観戦は完全にやらかした

moblog_304bf20a.jpg


4月に入って今年2回目のセレッソ観戦。

やっぱ土曜日開催とかあかんわー。
全然行かれへんもん。


この日はたまたまナビスコカップの予選で水曜日開催。
もう4月だしさ、桜も散ったしさ、そろそろスタジアムも暑かろうと思って
Tシャツの上にジャケット着るだけの薄着で行ったら寒い寒い。

あやうく凍え死ぬかと思ったわ。


まぁまぁそれでも今年2回目のセレッソ観戦。
リーグ戦では負けなしの好調(?)を持続してるからとそれなりに期待して観に行ったさ。

アウェーは何試合かはテレビで観てたからさ、
それなりに連携も出来て来てる様に感じてたんだけどさ
前半始まってみたらなんか自陣から出れない感じ・・・。

東京が良いのかセレッソが悪いのかは良く解らんけど、
ずっと押し込まれてるまんまで時折前線に残ってる曜一朗とエジノにボールが出るだけの
カウンターでしか攻められないの?って感じ。

しかも前線にボール渡ったら後はお前らなんとかしてくれ!みたいな感じで押し上げも無かったからさ、
あんな感じのサッカー続けてたら曜一朗なんて今年で選手生命終わっちゃうんじゃない?ってくらいの
怖さすら感じさせられたよ。


後半に入ってもなんかもうひとつな展開続いてたんだけどさ、
唯一良かったのは先制点取ってたって事だけ。

でも楠神と枝村入ってからは良かったと思うんだよ。
楠神は確かに持ち過ぎる感はあるし、ドリブルに拘り過ぎるきらいがあるのも解るんだよね。
でもさ、そういう負けん気が強いというか我が強い選手(とういか個性)が
今のセレッソには足りないと思うんだよね。

レヴィーのサッカーってさ、
3点取られても4点取って勝点3を取りに行くってサッカーだったよね?
僕が初めて観たセレッソはまさにそんな感じだったし、
あの頃から守備はザルな感じだったけど失点以上に得点を取ってくれる感じがしてたよね。

そういうサッカーがみんな好きだったんじゃないの?

少なくとも僕はそういうサッカーの方が好きだわ。

ここ数年、守備にウエイト置いたからなのか、
失点を怖がって攻めに出れなくなってたんじゃないの?

楠神観てたらそんな風にすら思えたよ。

サッカーは0点に守るスポーツじゃないんだから。
相手よりも1点でも多く取って勝つスポーツなんだから。

曜一朗も楠神とゴチョゴチョやってるの楽しそうに見えたよ。
後はタクミがそこに便乗着てきてくれたらもっと楽しいサッカーになりそうな気がするんだけどな。


なんてちょっとワクワクが見えた様な気がした試合で良かった。

まー勝ったしね。

なんにしても勝つって事は大事だよね。
何か色々言いたい事はあったとしても勝つって事で吹き飛ばしてくれるよね。

ちょっと新しい光が見えた気もするし、
連勝を続けて行くって事で選手も僕達サポも自信にもなっていくし、
良い事づくめになるんだと信じて行くしかないよね。



とはいえ...これで僕の4月セレッソ参戦も終わり。

後はGW明けからガンガン参戦していける事を願うのみ!
それまでセレッソが上位に喰らいついていてくれよ。

2013開幕




今年もこの季節がやってきた。
今年もまたセレッソと共に一喜一憂するこの季節が。

この光景久し振りって感じなんだけど、去年までとは違うよね。
セレッソに8番が戻ってきたし。
昨年末からクルピ監督が残留する条件として出した「大型補強」も
どうなるかそれなりに楽しみではあったりする。

僕の背中には初めての8番が乗ってるし、
攻撃陣が上手く噛み合えばまた2010年の時の様なワクワクするサッカーが観られるのかなって期待もあり。


色んな事考えながら長居に向ったものの
なんにせよ寒い!!!

なまじ前日が暖かかったものだから寒さが倍にも感じる。
とは言え大事な開幕戦なんだし、ユニを見せずにいられようかってもんだよね。
取り敢えずは思いつく精一杯の準備して長居へ。



moblog_055344e0.jpg


そうして始まった開幕戦はやっぱり楽しい。
ピンクに染まったスタンドを外から眺めるのでは無くて、
そのピンクの中に入って自分も同化している感じが良い。


なんか「ここにまた戻ってきた」って思えるのがセレサポって自分に思わせてくれて良い。


そうやって半年ぶりぐらいのPower and the Gloryに声を張り上げる。

そんな時にふと感じたのが新潟サポの状態。
Power and the Gloryといえばセレッソにとっては国歌斉唱と同等な物だと僕は思ってる。
だからこそアウェーに行ってもそういう相手チームの大事な時には静かに待つのが当たり前だと
ずっと思ってた。

でも実際はそんな事無いんだよね。

そんな時でもお構い無しにブーイングしたりって
相手へのリスペクトも何もあったもんじゃない。

他の時にはブーイングが来ようが煽られてこようが良いんだけどね。

そうやっていつも相手サポの事がついつい気になってたりしたんだけど、
この日の新潟サポは本当に良かった。

Power and the Gloryが終わるまで静かにずっと待っててくれた。
フラッグの1つでさえ動いて無かった様に僕には見えた。

こういうのは本当に相手に対しての敬意を持って接してくれてるんだと思える。
だからこそ嬉しいと思ったし、良い試合で終わって欲しいと思った。
それだけでも開幕戦の相手が新潟で良かったなって思えたよ。


で、肝心の試合の方はっていうと寒さと同じくらい寒い試合。


スタートから新潟の新戦力の田中達也と成岡翔にセンターバックの間ズタズタに抜かれまくりで
ディフェンスが後手後手になる展開。
後手に回ったディフェンスが下がった所で待ってるブルーノ・ロペスにフリーで待たれてるっていう
いつ点取られても仕方ないんじゃない?ってくらいの攻められ方してたよな。

新潟は良いチーム作りしてきたよなって素直に思えちゃった。

それでも何とか前半凌いで、クルピにしては珍しく早めの交代カード切ってきたものの
やっぱり攻められっぱなしのヒヤヒヤな展開。
よくよく考えたら大型補強とか銘打ってた割にはスタメン見たらエジノ以外は去年のメンバーなんだもん。

去年のメンバーじゃ物足りないから大型補強なんでしょ?
大型補強したからこその上位狙い発言なんでしょ?
既存のメンバーからスタメン奪えない様な選手が大型補強と呼べるのか?
このメンバーで去年降格ギリギリまで行ったんじゃないのか?

なんて色々思う事ばっかだなーって思ってた所に曜一朗のゴールで先制。
そのままなんとか試合終了。


まぁ試合展開考えると全然面白いサッカーじゃなかったよ。
全然これっぽっちもワクワクしないサッカーに終始しちゃった感じだよ。

それでもこういった相手に勝点3を取れたのは大きい。
去年はこういった相手に勝点を取れないまんま、それが最後まで響いて残留争いに巻き込まれたんだしね。

まだ1試合だけだからさ、
ここからどんどん盛り返してくれる事を願ってるけどね。
今年はまたあのワクワクして堪らなかったセレッソのサッカーが観れるの期待してるよ。



8



たまにはセレッソの事でも書くか。
(ってどれだけ書いて無いんだよ)


今年の新体制発表と共に新背番号の発表がありましたね。

当然サポさん達の間でももっぱらの話題はっていうと「8番」が誰になるのか。
当然の事ながら柿谷曜一朗が背負うものだと言われてたんだけどさ、
いざ蓋をあけてみるまでは・・・ってやつですよね。


で、セレッソの「8番」って言うとエースナンバーな訳ですよ。
どこかの誰かがミランの「6番」や「3番」や、ナポリの「10番」と同じ価値があるって言ってたし、
マンチェスターユナイテッドの「7番」と同じ意味を持つセレッソの「8番」な訳。

誰でもが背負える訳では無い番号。
該当する選手がいなければその歳は欠番になって然るべき番号。
毎年話題に挙がり、「あの選手では駄目だ」「あの選手なら納得出来る」とサポーターの間でも
賛否両論が出る番号。

で、僕はというとなんだかんだで今年はセレサポ暦4年目に突入。
「8番」に対する想いは他のサポさん達とは少し違う。


ってのが本音。


もちろん森島が背負ってたのは知ってる。
森島が「8番」を背負いずっとセレッソを引っ張って来たのも知ってる。
だからこそのエースナンバーなんだというのも充分に理解してる。

でも僕が知ってるセレッソには森島は選手としていなかった。
僕が初めて観たセレッソの「8番」は香川真司だったし、
僕の知ってるセレッソの「8番」は香川真司でしかなかった。

もちろん森島から真司へ「8番」が受け継がれた(形式的な事じゃなく)経緯すら知らない。
(情報としては知ってるけどね)

だからこそ簡単にセレッソの「8番」について口を開くべきでは無いと思ってたし、
正直「8番」に対する思い入れなんて全然無かったってのが本音なとこ。



でも今年は違う。



去年曜一朗がセレッソに戻ってきた時も「この目で見るまでは手放しで応援出来ない」なんて
偉そうな事言ってたけどさ、
実際に自分の眼で観た曜一朗のプレイにめっちゃ心躍ったし、
乾がいなくなったセレッソの中で誰をメインに応援しようかと思ってた僕の中に
思い切り「柿谷曜一朗」を刻み込んでくれたし。



そんな曜一朗が今年はセレッソの「8番」を背負う。



僕の中でのセレッソの「8番」は香川真司じゃなかった。(サポ暦が浅すぎて)
もちろん清武弘嗣でもなかった。

なんか今まではセレッソの「8番」を誰かが背負うってイメージが無かったのかも知れない。

でも今年は違う。
僕が自分で観てプレイを好きになって応援したいって思えた曜一朗が背負う。

期待度とかそんなのどうでもいい。
そういったものは後から自然に付いて来る。
ただただ去年と同じ様にピッチを走り回って
たまに「おおっ!」って思うプレイで僕をワクワクさせてくれたらそれで良い。

そして出来るだけ長くその「8番」を付けてセレッソでプレイしていて欲しい。


そんな思いもあって今年は初めてセレッソの「8番」を買った。
そして理由なんて何も無いんだけど、僕が着るセレッソの「8番」は最初で最後だとも思う。
なんかそんな気がする。

まだまだ古くから観てきたサポさん達の想いには届かないんだろうけどさ、
ここから僕のセレッソの「8番」が始まった気がするよ。

2012終幕

moblog_b9b1a92c.jpg


さて12月。
泣いても笑っても2012年も残り1ヶ月。

と、なるとJリーグもそろそろクライマックスちゃいまっくす?
なんてももクロ知らない人にはなんのこっちゃ解らん出だしですいません。

キシタニです。



まぁまぁそんな訳で週末、Jリーグ最終戦に行ってきました。

それにしても今年は逆関西ダービーに巻き込まれ、
もしかしたら残留出来ないなんてパターンもあるんじゃないの?って感じで
とてもじゃないけどノンビリ観る気持ちになんかなれなくて。


もうね、毎年残留争いしてるチームのサポってこんな気持ちなのか?ってくらい
ドキドキソワソワしっぱなしでしたよ。

ホンマこういうの要らんわぁ。

でもね、前にも書いたけど降格する可能性が1番低いのが我がセレッソ。
だって負けなければ良いんだもん。
なんなら11人でゴール前に並んで立って90分経過したって残留なんだもん。


でもね・・・


僕の知ってるセレッソはこういう大事な試合で
唯一降格の可能性がある黒星献上しちゃったりするんだよね。

思い起こせば今季未勝利の札幌と新潟に初勝利を差し上げたのもセレッソですよ。
それだけはやっちゃいかんやろ?ってのをやっちゃう感ってのが僕の中には結構あるんだよね。


なんて一抹の不安を拭い去れないまま試合開始。

寒いのもあって、とてもじゃないけど座って観てられない。
まだ手拍子して声出してる方が暖かいってもんでさ、
久々のホームでのスタンディング観戦やっちゃったよ。

moblog_5aa18927.jpg

でもホームでこんなに周りが立って応援してるゴール裏って久々なんじゃないかな?
というか記憶無いわ。

そんな僕の気持ちとは裏腹に開始早々から何となく嫌な感じの試合展開。
川崎がプレッシャーを掛けて来てるのもあるんだろうけどさ、
中盤から前にボールが行かないのよ。

DFラインから中盤にはそれなりにテンポ良くボールは回ってるんだけど、
そこから縦にボールを入れる事が出来ずに、
またDFラインにボールを戻すなんて事の繰り返し。

思えば今季のセレッソはずっとこんなだったわ。
ソアレスだったから駄目でクルピだから良くなったなんて事は何も無かったね。
中盤より前でのボール支配が出来ないから、FWも動きが停まって足元で貰おうとする。
かと言って中盤が追い越して飛び出す訳でも無い。

なんかそんな感じ。
ボールを維持してるというか持たされてるよね。

縦への意識が薄いからだんだんとゆっくりしたペースに自分達でしてしまい、
そこへ相手の早い縦への展開でボール放り込まれ敢え無く失点。

この試合だけは先制点を先に取って、
追い付かれてもドローっていう展開に持ち込まなかったら駄目だったよね。
先に失点する事でどうしても2点取らないと駄目って気持ちになるし、
かといってそれを実践出来るだけの攻撃陣では無かったよな。

ここに来て夏場の放出がかなり痛く感じるよね。

まあどうにか同点にして、そのまま勢いを持っていくのかと思えば
相変わらずのダラダラした展開を変えられずまたもや失点。

ここまで来ると自分が最悪の事を考えてたのが現実になりそうで、怖くて堪らなかった。
でも他所の結果を気にする余裕なんて無いしさ。
出せるだけ声出して叩けるだけ手叩くしか出来ないんだもんね。

いや~きつかったわ。

後半のアディショナルタイムでどうにか同点になった時には
ちょっと泣いちゃったね。
もう誰でも良いから点取ってくれ!って感じだったしね。

ま、結果として自力で残留を確定出来たのは良かった。
逆関西ダービーをなんとか乗り切れて安心したよ。


結果、ガンバと神戸の降格で2012年のJリーグは幕を閉じたね。
2013年は関西のJ1サッカークラブはセレッソだけって事になった。

これはこれで責任は重大だとも思う。
ガンバと神戸が1年でJ1に戻って来るって言ってるけどさ、
そんな保証なんてどこにも無いんだよ。
京都も含めて何処かがJ1に上がってくれたら良いよ。
でもそうじゃなくてセレッソがJ2に落ちる事になったりなんかしたら、
関西のサッカークラブは1チームも無くなっちゃう。

今まではガンバがその重責を持ってJ1で戦ってたと思う。
それが来年はセレッソが背負っていかなくてはいけない。
そう考えると本当に今のままで良いの?って思っちゃう。

ボールを納められないFW。
中盤でボールをキープ出来ないMF.
多々ボールウォッチャーになってしまうDF.
それを解ってても替える事の出来ない選手層の薄さ。

どこまで本気で補強して来るのか解らないけどさ、
今のままでは来年また残留争いに巻き込まれちゃうし、
来年は確実にJ2に降格してしまうんじゃないかって思っちゃう。

育成型クラブでも良いけどさ、次々と人材が出て来るのなら良いよ。
それもすぐにトップチームにフィットするのなら良いよ。
でもそうじゃ無いでしょう?
それなら選手を移籍させるのも選手自身の意思を尊重してあげるのも良いけどさ、
もうちょっとクラブの戦力維持の方にウェイトを置いても良いんじゃないかな?

他所のチームの事はあんまり知らないけどさ、
毎年毎年こんなに選手が移籍で出て行くクラブも珍しいんじゃない?
今でこそ真司や乾やキヨが代表に選ばれて、
みんな元セレッソの選手達だって持て囃されてかも知れないけどさ、
それって完全にセレッソが青田刈りの的になってるって事だよね。

そういうのじゃ駄目だと思うわ。

やっぱり監督がプレーをするんじゃなくて、選手がプレーするんだからさ
どんだけ有名な監督連れて来たって選手が居なきゃ点は取れないんだぜ!なんて思っちゃう。

その辺例年通りに遅いスタートじゃなくて、
しっかりやって貰いたいもんです。
そして来年も長居でみんなと喜びを分かちあいたいもんです。

もちろん優勝争いの方でね。


moblog_b0e9b12a.jpg



それはそうと
来年J2で戦う事になってしまったガンバ大阪には是非とも1年でJ1に戻って来て貰いたい。

やっぱり大阪ダービーが無いのは寂しいし、
同じ都市に本拠地を持つクラブが違うカテゴリなのは盛り上らないからね。
せっかく大阪に2つのクラブがあるんだし、日本では数少ないダービーの出来る場所なんだとも思うからさ
向こうはどう思ってるかは知らないけど、
お互いにリスペクトしつつ、熱い気持ちで向かいあえるのが良いよね。

そんな訳で待ってまっせガンバ大阪。

まあ戻って来ても大阪最強チームの看板は簡単に渡したりはしないけどなっ。


なんにせよ、これで僕のJ3年目も終了です。(天皇杯残ってるけど)
今年も色々な人達と繋がれたし、スタジアムで出会えたし、それなりに楽しい1年だった。
また来年からも一緒に肩を並べて応援していきたいもんですね。

その前にちゃんと補強して、僕らサポを喜ばせてくれよな。
セレッソさん。(倉田とか倉田とか倉田とか・・・)

逆関西ダービー的な週末

週末のJリーグを終えてサンフレッチェ広島に優勝を献上してしまった我がセレッソ。

終盤での勝ちきれなさと、ここへ来ての2連敗でとうとう最終節まで残留を争うなんていう
とんでもない残留争いに巻き込まれてしまいましたね。

こうなって来るともう全然笑えない。

残留を争うのは

セレッソ大阪    41
ヴィッセル神戸   39
ガンバ大阪     38
アルビレックス新潟 37

の4チームで2チームが降格。

しかも4チーム中3チームが関西のチームっていう
なに?この逆関西ダービー?

残留出来るのが2チーム降格するのが2チームだから、
少なくとも1チームは関西のチームが降格するっていう笑えない状況。

正直な事言うと新潟は最終節勝ったとしても勝点40だからセレッソより上に来る事は無い。
なので降格が8割方確定なんじゃないかと勝手に思ってる。

そうなると実質関西3チームの落とし合いになるのかな?なんて思ってるんだけどさ、
こうなって来るとベテラン含めのチーム経験値ってのが大きくモノを言うんじゃなかろうか?

セレッソが降格する可能性としては
セレッソ×ヴィッセル○ガンバ○の場合のみなんだろうけどさ(それも得失点差で)、
こういう場合に1番弱いのがセレッソなんじゃないかって思ったりもするんだよね。

勝てば問題無いし、引き分けでも残留は決まる。
でも不安なんだよなー。

とはいえ僕達が結果をどうのこうの出来る訳でも無いし
ただ週末の夜には確定する結果を受け入れるだけなんだろうけどさ。

僕がセレッソを観に行きだしてからのリーグ最終戦は
必ず6-1とか7-1とかの大差での勝利で締め括ってるから
勝つ事を信じているしかないんだけどね。

この1週間ソワソワしっぱなしになりそうだわ。

負けられない戦いはここにあるんだろ。

moblog_2271f5fa.jpg


2012年のJリーグも残り3試合。
今年のセレッソはまだまだ残留争いから抜けたとは言い切れない順位。

しかも残り5試合で、

3位浦和
2位仙台
14位大宮
1位広島
9位川崎

と、誰がこんな事仕組んだの?って言いたくなる様な対戦カード。
3位浦和と2位仙台との試合を勝点1ずつでもなんとか獲得して、
ここは絶対に勝っておかないとあかんやろ?っていう14位大宮との1戦。


試合前には珍しく全員(なのかな?)で円陣組んだりして気合いも充分。
僕も今年初の1人観戦なんだけど、寒いとか言ってらんねーぜ!てなもんで
ユニ姿でタオマフ回しながらの戦闘態勢完了して試合観守りましたよ。


結果は知っての通りの力負けっていう完敗。

雨でピッチが最悪だったのもある。
セレッソ特有のボール回しが出来なかったのもある。
(僕が観てる限りでの)大宮に対してあんまり良いイメージが無いってのもある。

それでもこの1戦は絶対に勝たなきゃいけなかった試合だと思うんだよ。

先制されて前掛かりになったところをカウンターでまた失点するっていう悪循環。

まあ仕方ないっちゃないのかも知れないけどさ、
次に当るのが首位の広島だったりするんだから
ここはしっかり勝って勝点3を積み上げて欲しかった。

しかもホームなんだし。

選手は一生懸命やってると思う。
もちろんそれは充分に理解してるつもり。

でも、ホームで負けるってのは駄目やろ?
それも上位チームに負けるとかじゃなくて自分よりも下位のチームに負けるってのは
正直無いわって感じ。

もっとホームゲームの重要さを解って欲しいと思う。
アウェーで負けて来るのとは訳が違う。
普段アウェーになんて応援に行けないサポーターだって沢山いるんだし、
そのサポーターが待って待ってようやく来たホームゲームなんだしさ。
やっぱり勝って欲しい勝って貰わないと困るってもんだよね。

どこかの国ではホームゲームで負けるとそりゃあ物凄いブーイングだし、
選手もスタジアムから家に帰るのも危険を伴うって聞いた事がある。

そこまでいけとは言わないけど、それくらいの気持ちでホームゲームってのは戦って欲しいよね。


ま、それはそうと
この敗戦でセレッソは勝点41のまま。
降格ラインのガンバが勝点37。

この間に数チーム挟まっているとはいえ、
セレッソが連敗してガンバが連勝すれば逆転される可能性は充分にある。
最終節での逆転降格とかなったらシャレにならん。

次節は首位の広島相手とはいえ出来れば勝って欲しい。
最悪勝点1でも奪い取って帰って来て欲しい。
今季は負けてるとはいえ、いつも広島相手には勝ちきってるイメージ強いしさ。

広島が優勝しようが、仙台が優勝しようがもう関係ない。
ウチが残り2戦しっかり勝って勝点6取って残留するのが1番大事。

勝ち切るのはここしかない。
負けられない戦いがあるのはほんまにここやで。

久々にセレッソの記事書いた思ったら、こんな記事にしかならないのが切ないよね。

大阪ダービー





なんなのこれ?ってくらいの大雨で携帯で写真撮る事すら出来なかったので、
録画画面から撮っちゃいましたよ。


ってな訳で大阪ダービー行って来ました。


正直行くか行くまいか迷ったんだけどね、
やっぱり大阪ダービーなんだし、ここがリーグ34戦?の中で1番盛り上がるとこなんだし
やっぱ行っとくかなって。

今年の大阪ダービーは第2節のホームでの試合は
お互い監督も変わってチーム状況も手探りな感じでの開催だったから、
勝って勢いを付けたいって気持ちが思いっきりあって望んだダービーだったけどさ。

今回の大阪ダービーはお互いに降格圏脱出ってギリギリの所での対戦になっちゃったもんだから、
これまた何とも言えない感じで負けられない1戦になっちゃったよね。


そんな事態だってのに我がセレッソと言えば、
清武に加えてキム・ボギョンまで放出してしまう有様。
しかも五輪代表に山口・扇原・杉本という3人まで取られちゃってるからさ、
正直今のガンバに勝てる気があんまりしないって感じだったんだよね。

いくら新戦力獲得したとはいえ、
そんなに1試合2試合ではチームにフィットしないだろうってのが
誰しもが抱いてる不安だったと思うんだよね。


しかも試合開始前には万博限定(大阪の他地域では降ってなかったらしい)の大雨も降り出して来るし、
雨に弱いセレッソとしてはあんまり良い条件が揃ってないのが気に掛かるとこ。


試合はって言うとガンバキラーの新加入枝村の2得点で早くも0-2とリードしたのに、
たった10分少々で同点にされる始末。
しかもガンバの方が勢いに乗って攻めてくるから防戦一方でハラハラしっぱなし。
なんとか2-2の引き分けで終わったなって感じ。


ガンバの松波監督が言ってた様にガンバからすれば「勝てたゲーム」だったんじゃないの?
まぁ正直そうなんだろうけどさ、こんな事言わせといて良いの?
うちだって「勝てたゲーム」だったんじゃないの?
家帰って録画観ながら解説聞いてたら船津入れた時点で勝ち点1を取りに行く戦術に
セレッソは切替えたみたいな事言ってたからさ、
ちょっと気持ちが落ち着いた感じもするけどさ。

なんかソアレスのサッカーに楽しさを感じない。

それにあれだけ軽いディフェンスラインなんだったらさ、
茂庭と康太のセンターバックラインだってスタメン当確って感覚無くした方が良くね?
夏の補強で中盤と前線には補強入れてさ、
今までスタメンだった選手にもまずチーム内での競争に勝って試合に出るって構図が出来たぽいけどさ、
DFに関しては徹底して固定でしょ?

そのメンバーであれだけ点取られてんだからさ、
荒療治じゃないけどやっぱりDFにも向上心とか競争心とか植え付けなきゃいけないんじゃないの?

僕が勝手に思ってる事だけどさ、なんかそう思っちゃう。


今回のダービーは新戦力に助けられたダービーだったよね。
ま、負けなかったから良いかっていうより負けなくて良かったって感じ。

枝村とヘベルチはレンタル→完全の流れに移行して欲しいよね。
ヘベルチはまだ23なんだってね。
まだ1試合しか観れてないけど、そんなに悪い印象は無いかな。
シンプリシオに関してはもう言うまでも無いんだろうけど、
パルマ・パレルモ・ローマってイタリアでやってきてるんだし
それなりの力は持ってんだろうね。

まだ重い感じはするけど(笑)

後、シンプリシオとケンペスは結構合うのかも知れないね。
試合観てると近いポジションでボール交換とかもしてた感じだし、
今までケンペスに出なかったボールが出る感じには観えたなあ。

ま、なんにしてもここからの後半戦はこのメンバーで戦っていくしか無いんだから、
どこまで行けるか期待を持って見守るしか無いかね。

それはそうと今年の大阪ダービーは1勝1分の負け無し。
それはそれで嬉しいもんだよね。


ホームゲームの意味

moblog_4b803bf9.jpg


相変わらずの試合後時間空いてから記事書くんだけど。
やっぱね、試合直後は気持ち入ってて書けないわ。
愚痴ばっかりになりそうなんだもんよ。

・・・って時間空いても愚痴ばっかりになりそうなんだけどさ。


週末のアルビレックス新潟戦。

今季キンスタ2戦目。
前回は仙台に負けたから今回勝ってキンスタ初勝利と行きたい所。
そんでもって僕のキンスタ初参戦。

しっかり勝ちきってくれよって気持ちと、
勝たなきゃ駄目やろ?って気持ちの半々でスタジアムに到着。

なんとなんと奇跡の最前列でさ、眺めも最高で万全だった訳なんだけどね。


結果は0-1で敗戦。


試合後にはブーイングまで出る始末。


色々みんな思う事はあるんだろうけどさ。
やっぱりホームゲームなんだからこの試合結果は無いわ。

欧州でも南米でもそうなんだろうけどさ、
ホームゲームってのは絶対に落としちゃいけない試合だと僕は思うのね。
「ダービーだから」とか「ダービーだけは」ってのとは違うんよね。
しかも相手(には申し訳無いけど)、今季まだ1勝もしてないチームな訳でしょう。
それも前季までもそんなに苦手としてきた相手でもないでしょう。

そういう相手に勝ち点1どころか3も献上するってのは有り得ない。

新潟の前半からのイエローの多さは、
やっぱりそれだけ勝ち点取ろうと必死になってる証拠だとも思うし、
それぐらいの気迫で迫って来てるのに迎え撃つセレッソとしても、
気迫で押し返すくらいのプレーが欲しかった。

言い方は悪いけど、
イエロー1枚貰った選手を狙っていってでも勝ちに拘るくらいの気持ちが欲しかった。

前半の新潟のイライラを逆手に取って自分達のペースの間に何で点を取れないかな?
ハーフタイム挟んだら相手だって落ち着くだろうし、
対応策だって考えてくるんだろうから今のうちにって狡猾さが欲しいよね。

案の定後半になるときっちり修正してきた新潟に攻められまくり、
自陣からボールが出る回数も少なくなったしね。
しかもこっちはペナルティエリアまでボール運んでもシュート打たないし。

正直去年から思ってたけど、
ペナルティエリア付近でのパス交換ってそんなに必要か?
そんなにシュートに自信無いのか?って思っちゃう。

去年からのおきまりのパターンで、
相手チームからは「セレッソはペナルティエリア付近からはシュート打たない」って思われてんだよ。
だからあの場所まではボール持てるし、相手選手もそんなに必死にチェック掛けて来ないんだよ。

ちょっと合わせて引いてるうちに人数は揃ってくるし、
それまでの早い段階でセレッソはシュート打たないから、
いざ打とうとなった時にはDFの枚数が充分過ぎる程足りてるんだよね。

なんにしてもサッカーは守ってては勝てないスポーツなんだからさ、
去年と比べて守備はかなり良くなったと思うよ。
でもそれじゃ勝ち点3を取りにはいけないし、上位進出だって難しいでしょ。

なによりもホームゲームでこの戦い方じゃ駄目でしょ。
監督の意思は交代の選手見てても「点を取りにいけ」だったと僕は思うんだよね。
そこをもう少し汲み取って欲しいかな。

魅せるサッカーは充分に魅せて貰ってると思う。
でも今年のセレッソには観てて楽しいサッカーがまだ足りてないとも思う。
なによりもホームゲームとはどういうものなのかって意識が、
欧州や南米に比べたら圧倒的に薄いと僕は感じる。


開幕7試合くらいでさ、厳しい事を・・・ってなるのかも知れないけどさ、
それでも僕がハマったセレッソのサッカーはこんなんじゃ無いと思うからさ。
もっとイケイケで熱くて楽しいサッカーがセレッソだと思ってるからさ。

そのサッカーをやった結果、負けだったとしても文句は言わないよ。

選手だって悔しいと思う気持ちはあると思うし、それも充分理解も出来る。
でもサポーターだって同じように悔しいんだよ。
悔しいけど自分達が変わって出る事なんて出来ないから
必死になって声出して選手に呼び掛けてんだよ。


長いシーズンの序盤だからまだまだ巻き返せるチャンスなんて幾らでもあるだろうからさ、
もっと僕達を楽しませてくれるサッカーを見せて欲しいよね。


ま、でも上位もしくは優勝を狙うって言うんなら
こういった取りこぼしは無しにしていかなきゃ席は空いては来ないよね。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Recent Entries

Categories

ブログ (2106)
ももクロ (9)
KARA (24)
SNSD (5)
K-POP (9)
映画 (70)
セレッソ大阪 (51)
サッカー (48)
Mac生活 (2)
男の料理 (39)
SECRET (13)
スマ○プロ (4)
ブログネタ企画【お題】→swc4コラボ (25)
まさこのつぶやき (70)
お知らせ (20)

Archives

Bookmarks

Profile

岸谷まっさ

Author:岸谷まっさ

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Friends

この人とブロともになる

RSS

Search This Site

Link

  • 拍手ページ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。