2011-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セレッソ求めて300km・・・もねぇか?

名古屋戦チケット


実はタイに行こうと思ってまして。
まるっと頭丸めて煩悩捨てて修行の道に・・・。


嘘です。
これっぽっちもそんな気ありません。


ま、ほら今話題のタイですから。
大洪水で腰まで水に浸かって生活しなきゃいけないとか、
飲み水が売ってないから喉が渇いても御飯の時でもジュースで乗り気らなあかんとか。



そんなこんなでめでたく渡航禁止令が発令されまして、
夏前から計画してたタイ旅行がめでたくオジャンという事に・・・。

僕そこで休み取る為に盆休みも9月も休み無く働いてたっちゅーねん。
文句の1言も言わずに仕事してきたっちゅーねん。(いや、文句は言ってたけどさ。)


旅行が無くなったから休暇も無しね・・・なんて断固賛同出来ませんから、
思いきって休む事にしたわいな。

とは言うものの・・・これまたしがない独り者、
連休続いたって何にもする事無いやんかてなもんで。

思いきって名古屋まで行く事にした。



セレッソ観に。



ほんまな、他に楽しみ無いんか?って感じやろけどさ。
他に楽しみ無いねんて、これが。

そんな訳で名古屋戦初めてのアウェー観戦に行ってまいります。
つか無事にスタジアムに辿り着けるかが心配だわ。

スポンサーサイト

少女達の帰還


Youtube.com/user/SNSDSecretTV


ソシが韓国でのカムバックしたね。
HOOT以来の韓国でのカムバックなの?あれから1年くらい経ってるよね?
僕はあんまりティーザーとか観る方じゃないので、カムバックステージで初めて曲を聴いた。

うーん、カッコイイ。

なんかジャネットジャクソンが歌ってそうな感じ?
全米進出もしたって話やから、やっぱりそういうのを視野に入れた曲調になってるのかね?
歌というよりダンスを観る曲って感じがするね。

初めて聴いてリピートして5回くらい聴いたよ。
パンチがあるというかリピートしたくなるっていうか。
なんか繰り返し聴きたくなる感じの曲よね。(って僕だけかー?)

それにしてもKARAのカムバの時にも思ったけど、
今回のソシにしてもカムバックに備えてとことん準備してくるよね。
こういうの見てると日本での活動って片手間感が拭い切れなくなっちゃうんだよなー。


それはそうと
金髪のテヨンとショートカットのソニにまだちょっと違和感を感じてまうね。


SNSD - The Boys

って思ってたら昨日アルバム届いてたー。
しかもパッケージが豪華。
早速今からiTunesに入れて聴いちゃうぜー。
個人的にはMr.TAXIの韓国語Verも楽しみやわ。

謎解きは寝落ちの後に

謎解きはディナーの後で(2)



「これはミステリーじゃないな。」ってのが読み終えて最初に浮かんだ感想。



もちろん悪い意味じゃ無いよ。
でもこの本が「良い」って言う人と「悪い」って言う人両極端に割れるのも納得出来た気がした。
読むまでは何でこんなにも売れてる本がレビューとか読むと星1つだったり、
レビューの内容がボロカスに扱下ろされてるのか理解出来なかったんやけどね。

読み終わった後では何となく納得。
もちろん悪い意味じゃ無いよ。


良くも悪くもこの本は「推理小説」だなって思った。


本のタイトルからみてもミステリー小説だと思って手に取った人が大半なんじゃないかな?と。
そう思って読み進めて行くとどうにも遣り切れない消化不良感が残ってしまう感じ。





だってさ、執事が推理をするところで話が終わっちゃうんだもん。





お嬢様刑事が殺人現場から情報を持ち帰ってくる。
それを聞いた毒舌執事が事件の謎解きをするって王道パターン。

でも他のミステリー小説と違うのは、その後推理の実証を描かないって事。
結局執事の推理は推理のままで終わってて、
犯人の特定だとか(最後の方は特定されてたけど)、
犯人が殺人に至るまでの動機云々が一切描かれてこないのよ。

この表紙の様なシチュエーションの場面で「はい、1話終わり。」ってなっちゃう。
そりゃあミステリー好きな人は消化不良起こしちゃうだろうなって。

犯人の限定までは執事が推理するんだけど、
それが話中に出てきたあの人なの?いやいやそれともこの人なの?ってまんまで
話が終わって無理矢理に次の事件に持って行かれちゃう。


そういう意味で「これはミステリーじゃないな。」って思ったんよね。
お嬢様刑事と毒舌執事の軽快でコミカルなやり取りを楽しむ為の「推理小説」なんだと。

1話目で僕も消化不要起こしちゃって一旦本を閉じたんだけど、
自分の中でそう思ってから続きを読む事にしたら、それはそれで面白かったよ。


なんかねドラマの為に書き下ろされた脚本を冊子化したんじゃない?って程すんなり読める。
北川景子・桜井翔って配役のイメージも割り付いちゃってるしね、
本人に置き換えて読んでたりするとなかなか頭の中でイメージが沸いてきて楽しかった。

気が付いたら3時間半くらいずっと読んでたよ。
(おかげで今超眠い・・・。)


今日からドラマも始まるしね。
なんかちょっとドラマ観るのが楽しみになってきた。


北川景子さんが演じるお嬢様刑事は、彼女にピッタリなんじゃないかな?
僕は北川景子さんって女優さんはシリアスな役よりも、
ちょっとコメディタッチな役柄な方が絶対的に魅力的だと思ってるんだよね。
「モップガール」で演じてた長谷川桃子の頃からずっとそう思ってた。
(残念ながらDVD化されてなくて視聴不可ですが)

本の中で執事にギャーギャー悪態付くお嬢様刑事が、
何か北川景子さんの素に近い様な印象受けちゃったな。

今晩からのドラマ楽しみやわ。

しかし夜中の読書って集中出来るね。
最初は眠気が勝っちゃうかな?って思ってたけど、
なんとなく乗り切っちゃったら眼も冴えてくるし頭もスッキリした状態で内容入ってくるし。
夜中の読書は良いかもねー。(でもやんねーよ。)


あ、そうそう。
本を「推理小説」として楽しめる人には面白いしお勧めですよ。

謎解きはドラマ開始の前に

謎解きはディナーのあとで


久々に小説買った。
前々から読みたいと思ってたんやけど、
あんまり面白く無かったって人と面白かったって人の差が結構激しかったり、
Amazonのレビューとか結構酷かったからさ買うの躊躇してたんやけどさ。

この前のテレビ番組で谷原章介さんや他の俳優さん達が「面白い」って言ってたし、
フォロワーさんの中でも「面白かった」って言ってくれた人もいてさ、
もうすぐドラマも始まるし、始まる前に原作読んでおきたい気持ちが抑えきれなかったわ。

やっぱレビューとかよりも自分が読みたいと思うかどうかの方が大事よね。

ドラマ始まる前に読み切れるかが心配やけど。。。
いや!読むで!久々に気合い入れて読書するんやから!!!


それにしてもこの表紙見れば見る程、執事役は桜井君より松潤じゃね?って思っちゃう。


気持ちが無ければ始まらない

20111015
20111015 posted by (C)KishitaniMassa


セレッソ大阪 0-4 ヴァンフォーレ甲府


朝起きたら雨があがってて、見上げた空はちょっと晴れ間も覗いてんじゃね?って感じでさ、
「これはちょっと良い事あるかもね?」って思ったんやけど
それは甲府サポーターにとってやったみたい。

雨がパラパラ落ちて来たりやんだりの繰り返しの2時間は
天候よりも泣きたくなりそうな結果になっちゃったよね。

前半の1分ちょい(公式は2分てなってたけど)に1本のパスからあっさり先制され、
前掛かりになる様な時間帯でも無かったんはずやのに、
これまたあっさりとパウリーニョに抜け出され2点目。

全くと言って良い程サッカーになって無かった。

幾らスピードがあるFWだからって走り負けする様な事無いでしょう?
今まで何年もそういうFWとは対戦して来てるんだし、
あんなにあっさりブチ抜かれるもんか?ってくらいあっさり抜かれて、
その方向に意識が行き過ぎたCBは2枚ともがハーフーナーを視界に入れる事すらせずに
あっさりフリーで蹴り込まれる。

クルピにしては珍しく動きの無かったFW2枚を前半のうちに同時に代えるという
暴挙にも近いショック療法。
あの瞬間にクルピの気持ちの糸は切れちゃったんだろうね。

世界中どこのサッカークラブの監督をみても、
怪我とかのトラブル以外で前半に2枚も交代カード切る監督なんて観た事無いわ。

でもそれくらい酷かったんよな。

もうね、全体的に悪循環の末端までいっちゃったなって感じ。
守れない・1対1に勝てないDF。
味方の攻撃だってのに中盤をぽっかり空けてしまうMF。
味方がボールを持ってるのにそのボールを貰う動きを全くしないFW。
何が悪いとかどこが悪いとかじゃないの、もう全体的に悪いんだよね。

どこをどう直せば良くなるんじゃないか?ってのすら解らんよね。
こんな状態じゃ。

主力選手が抜けてる状態ってのは解るよ。
解るけどさ、それは控え選手からしたらチャンスでしょう。
そこで奮起してレギュラー獲ったろうくらいの意気込み無いのかね。

まだまだ降格圏から脱出した!って手放しで喜べる順位なんかにゃ全然居ないんだぜ。
降格ラインからだって勝ち点差はたったの6しか開いて無いんやで。
ちょっと次のアウェー2戦連敗して、下位のチームが2連勝したら降格ラインには
自分達が居る事になるんやで。

そういう意味でも昨日は絶対に負けてはいけない1戦やったと思うのに。

もしかしたら選手全員が「安心」という「油断」の上に胡座掻いてんじゃないの?ってすら思える。
ここ最近の試合を観てて思う事っていつも同じ。
動いてるな、頑張ってるなって感じられるのは倉田とファビオ・ロペスだけ。
この2人以外は殆ど試合中に目立たないまま試合を終えてる感じ。

倉田もファビオも良く動いてるよなって思ってたら、
よくよく考えてみたらこの2人はレンタル移籍中という立場やねんな。
自分のクラブで出番が無いから出場機会を求めてレンタルで他のクラブに来てる訳やけどさ、
そこで必死にならなければ来季はまた自分のクラブでベンチにすら入れない日々を過ごさないと
いけなくなるかも知れないっていう現実を常に突き付けられながらプレーをしてるんじゃないかな?

だからどんな試合だって必死になるし、
「来年もウチでプレーして欲しい。」
「来年からレンタルじゃなくてウチと契約して欲しい。」って言葉を貰いたいんだと思うよ。
そういう言葉を貰えないまま元のクラブに返されてしまうかも知れないって
危機感をずっと自分の中のどっかに抱いてんじゃないだろうか?

そうやって思うと他の選手は正契約だから
チームが勝ってようが負けてようが解雇されたりする事は無い。(・・・って事も無いだろうけど)
なんてタカを括ってんじゃないの?って思えてさえ来ちゃう。


それじゃ駄目だよ。


そんな事すら思えてくるここ最近のセレッソであり、
昨日のゲームだったと思う。

前半に気持ちが折れたクルピに続いて、
3点目(ハーフナーの70m独走弾)を決められた後には、
サポーターの気持ちまで折れちゃった・・・というか折っちゃったよね。

まだ20分以上も時間残ってるのに帰り始めたサポーターの姿を
スタンドから観てるのは試合を観続ける以上に辛かった。

雨だったから帰るとかじゃなくて、
これ以上セレッソに何も期待出来ないから帰るって感じ。
誰も振り返ろうともしなかったしね。

あのサポーターの人達は次のホームゲームには観に来てくれるんやろか。
もうテレビで良いわって思ってしまってないやろか。
リアルにサポーターが離れていく瞬間を目撃したようで辛い。
僕だって最後まで観てたけどさ、やっぱり観てるの辛い気持ちのが強かった。


残り5試合。
磐田・名古屋・神戸と決して勝ち点を期待出来ないチームとの対戦もまだ残ってる。
ここを勝ち点0って事になっちゃうとかなり降格が現実味帯びて来る。
もうちょっと奮起して頑張って欲しいね。
最終的に15位だろうと別に構わない。
絶対に残留するって気持ちを残り5試合で見せて欲しいよね。

僕は最後までスタジアムに行くし、
絶対に諦めないで応援しようと思ってるよ。
とことんまで付き合っていくし、とことんまで足掻いて欲しいよ。

まだ5試合残ってんだからさ、気持ち見せてくれよ。


ゴル裏初参戦

あんにょーん。
あにょーん。
あにょにょにょーん。

朝から使い方がおかしい男、キシタニです。


こないだ初めて天皇杯観に行って来た。

しかも普段はチケット完売で入れないキンスタゴル裏にも初参加してきた。
フォロワーさんがね、場所取ってくれたんよね。
しかもゴールの真裏。


天皇杯10-12-1



めっちゃ良いとこやーん!!!



超ど真ん中やし。
ただでさえゴル裏初めてでドッキンドッキンしとったのに、
こんな良い場所取ってくれるなんてーーーーーー感激!!!



なんかね、いつも遠巻きに観てる風景の中に自分がいるってのがテンション上がるね。
ちょっと僕もセレサポやねんぞ!って自信もって言えそうやん?


天皇杯10-12-3

こんな感じで

天皇杯10-12-4

こんな感じで

天皇杯10-12-5

こんな感じで

天皇杯10-12-6

こんな感じ



まぁ、ゴル裏来てはみたもののさ、
僕あんまりチャントとか詳しく知らんのよね。
いっつもビール片手にのほほんと観てるからさ。

ウォームアップ始まってチャントやりだしても戸惑う戸惑う。
取り敢えず隣近所見ながら、周りの声聞きながらやってたんやけどさ、
きっと半テンポぐらいずれてたやろな。

それにしてもゴル裏は休憩する間が無いくらい動いてるね。
お隣さんから「ヌルい」とか言われてるウチのゴル裏らしいんですが、
いざ参加してみたら飛んだり跳ねたり声出したりで結構忙しい。
これまた初めてなもんだからさ、キョドってるのもあって結構いっぱいいっぱい。

前半終わる頃には汗だくになってたよ。


ま、試合はっていうと、
結果こそ6-0の大勝やった様に見えるけど、
前半の最初なんて相手に押されっぱなしで、大宮の二の舞いなるで?ってくらい
セレッソゴール前での攻防が結構あったね。

それはいかんよ。

お互いに同年代くらいのチーム同士とはいえ、
こっちはお金を貰ってるプロなんだからさ、そういう差はしっかり見せないと駄目よね。
アマチュアがプロに勝つとか今でこそジャイアントキリングとか言っててさ、
客は喜ぶかも知れんけど基本的にあってはいけない事やで。

相変わらずのスロースターターぶりも去る事ながら、
守るセレッソの方がちょっと焦った感じの対応になってたのが気になったかな。
今年のセレッソっちゃセレッソぽかったんやけどさ。


それにゴル裏からも飛び交う小松塁へのコール(やじ?)。


やっぱねぇ、思ってるのは僕だけちゃうかったわ。
みんながみんな同じ思いしてたんやな。
体格ではハーフナーマイクにひけを取らないのに、こうも差があるのにはやっぱり理由があるんやな。



もっとゴールに近い所で仕事しようぜ小松!って感じ。



それと気になったのは両サイドバックの消極的プレー。
後半こそシャケも積極的に攻撃参加してたけどさ、
丸にしてもシャケにしても去年の様なボールを持った時に
まず前への意識があまりにも少ない気がする。

意識というか身体も前を向いてボールを貰おうとしてない感じ?

足元に貰ってセンターに返す。
もしくは相手に詰められて、選択肢が無くなり中途半端なパスで後ろに下げる。
ここ最近ずっと思ってたけどそういうのが多過ぎる。

今年はシャドーがあんまり機能してる感が無いから、
思い切って上がるスペースが無いんやろうか?
それでもフリーでボール貰っても第1選択肢がパス(長短含め)、
第2選択肢がドリブルみたいな感じに見えるね。
去年とはまるっきり逆。

それじゃあ厚みのある攻撃にはならないわな。

なーんて言っときながら6点取っちゃったけどね。

後半の大竹君も良かったし、倉田とのコンビも見てみたいんやけどな。
今期後何試合残ってるか解らんけど。
来年もセレッソに2人して残ってないかね?


良いんだぜ?良いんだぜ?


残っちゃって良いんだぜー。


ま、後半はそれなりにゴールも目の前で観れたし満足満足っすよ。

ただね・・・ど真ん中の宿命っての?

天皇杯10-12-2

コールリーダー氏と大旗の後ろやったから1番良いとこ観えにくいやんか。

身体あっちこっちやりながら観てたよ。
ゴールシーンは迫力もあるし良い感じで体感出来たけど、
全体の流れがもうひとつ解り難いね。

でも楽しかった。
汗かいてぜーぜー言うとったけど、初めてのゴル裏は楽しかったわ。
リーグ戦はね、なかなか行くチャンス無いけど
次の天皇杯の試合もこっそり行っちゃおうかな?


つか、昨日からふくらはぎが筋肉痛で歩くのが大変っす。
僕サッカーやってんだけどな。
こんな身体でも。。。

日本代表戦行ってきました

八咫烏2


キリンチャレンジカップ2011
日本代表 1-0 ベトナム代表


行ってきました日本代表戦。


ま、結果は知ってるから良いよね。
昨日の試合は色んな意味でも重要な試合だったと思うのね。

強いて言うなら魅せて勝つ、それも圧勝しなきゃいけなかった試合だと思う。
この時期に3次予選でも何でも無い試合を組むんだし、
相手は超格下(失礼)と言っても良いはずのベトナム代表。
日本代表としてはここで魅せる試合をする事で選手達のモチベーションを上げさせ、
圧勝する事で次のタジキスタン戦に勢いをつけて臨む事が目的だったんじゃないの?

ベトナムが思ってた以上に足下が上手くしっかりしたサッカーだった事とか、
海外組が思ってた以上にコンディションが悪かった事とか、
経験を積ませたいとか選手を試してみたいとかいう理由で控え中心のメンバー構成にしたとか、
色々あるけど結果は「勝つ」というギリギリの結果を残しただけに終わっちゃった。

負けなかった事は良かったと思うけど・・・・ってそれもあんまり思わないけど、
この試合は絶対に結果が必要な試合じゃなかったんだから、もっと遊んでも良かったと思う。


思うけど、意味の無い遊びじゃチームにとってプラスにならんでしょ。


ザックがどうしてもやりたい3-4-3を試すんだったら、
レギュラーをちゃんと出して試そうよ。
ほぼサブ組みたいな布陣で3-4-3試して「テストは成功」って言ったって何の意味も無いよね。

3-4-3を使う時はこのメンバーで行くって言うのなら良いよ。
でもそうじゃないでしょう?
ザックは普段使わない選手を試したかったんだろうけど、
そんな試合ならわざわざ金取って観客集めてやらなくても良いよ。

それに海外組だから代表に招集されるみたいな流れは要らないよね。
今回で言えば香川もそうだし、長友もそう。
槙野に関して言えば問題外でしょう。

チームで不調な選手ってのは代表に来たってやっぱり低調なパフォーマンスしか出来ないんだなって。
長友は足下でボール貰う場面ばっかりでスペースに出して走らせるってのは全然無かったよね。
長友は足下よりもスペースに出した方が活きるんじゃないの?って僕は思ってるんだけど、
そういうチャレンジもやって欲しかったな。
別に失敗したって良いやんね?そういうのを試す試合なんだからさ。

香川に関しては完全にといって良い程ゲームの中で消えてたな。
テレビで観てると注目度高い選手は画面に映るから、そう感じないかも知れないけどさ。
僕には全然どこにおるん?ってぐらい消えてた様に感じたよ。
確かに香川なんかはかなりプレッシャーもキツいんだと思うよ。
思うけどさぁ・・・このレベルの相手にちょっとプレッシャー強くされたら
何も出来ないとかやめて欲しいわ、正直。

もっとプレッシャーの強い国のリーグでやってるんやろ?
そこからみたらアジアなんてショボいもんやろ?
そう思わせてくれる様なプレーを僕達見せつけて欲しかったよ。

まあ、そんな感じ。

僕にはあのレベルの代表を観てるくらいなら、
正直セレッソ観てる方が面白いと思ったし、
また代表戦のチケットが手に入ったとしても、
そこに金を出そうとは思えないやろうなってのが正直な感想。

ワクワクもドキドキもしねーよ!

それに、ちょっと辟易しちゃったのが
日本代表ってだけでどんなプレーをやってもマイボールなら拍手ってあの空気感が好きになれない。
ちょっとキーパーがナイスセーブしたら拍手喝采。
いやいやそうじゃないでしょ?
シュートを打たれた事をもっと疑問視しようよ。
相手はベトナムなんだぜ?
ベトナム相手に簡単にゴール前まで持って行かれ、簡単に強いシュートを打たれる様な
シチュエーションを作った事に対しての疑問を持とうよ。
下手すりゃ同点になってたかも知れないんだよ?みたいな感じなのに拍手喝采。

いやいやおかしいやろ!!!

代表も強くなる為には観客がもっと厳しくならなきゃいけないのかも知れないね。
アルゼンチンだったりブラジルがこんな試合結果だったら確実にブーイング。
味方であるはずの観客からの容赦ないブーイングやろうな。

だから彼らは強いんだと思う。
どんな相手、どんな条件でも全力で勝ちに行くんだと思うのね。
しょーもない試合したら勝ってもメディアは容赦なく叩くだろうしね。

日本代表にもそういうのが必要だと思う。
強くなっていくんだったら絶対的にそういうのが必要だと思うよ。
何でもかんでも「良くやった」では駄目だよね。

それはアジアの真ん中から下のレベル。
日本や韓国みたいなアジアのトップレベルにいる国はそれじゃ駄目だよね。
ここ最近中東の国に押されてきてるのはそういう温さがあるからなんじゃないかなって。
そこに僕達観客も気付かなきゃいけない時なのかも知れないよね。


ま、日本代表はしばらく良いや。
次のタジキスタン戦は魅せて勝って欲しいよね。
(じぇんじぇん代表戦記になってない。)


日本代表戦

日本代表戦チケット


まいど。

ACLも敗退し、ナビスコもあっさり負けたので週末の予定が全くありません。
しかもそんな時に限って三連休来ちゃいそうな勢いです。

ま、ええけど。。。


それはそうと今日は日本代表戦観に行って来ます。

従兄弟が「チケット取れたから行く?」って言ってくれたもんで
迷わず「行く!」って返事返したものの、
これがそこまで日本代表に興味を惹かれてる訳でも無かったりする。


しかも相手ベトナム代表やしね。


これがオランダとかドイツとかやったら逆に興奮度上がるってもんなんやけど、
ベトナム言われても勝って当たり前でしょ?って気持ちが抜け切れないね。

ま、そういう相手に限ってモタつく試合やっちゃうのが日本代表ってイメージもあるけどさ。

しかも本田出ない、キヨ出ない、ウッチー出ないで、
いったい誰観るの?って感じにもなっちゃってるけどね。

あ、でもハーフナーは興味あるかな。
去年から彼には注目してたし。
なんなら今年セレッソで獲得してくれへんやろか?とか普通に思ってたし。

後は香川君ね。
最近不調な事ばっかり書かれてるけどさ、技術は衰えたりしないもんやって。
神様ジーコだって言ってたべ?

後は、意味無くキヨを呼びつけといて
「休む事もプロとして大事。」って言ったザックに
「オマエが呼んだんじゃねーかよ!」ってツッコミ入れてやる。


とか偉そうに言っちゃってるけどさ、
実は日本代表の試合観るの今日が初めてやったりする。
あの青一色の中に入っていくのが何か今から違和感感じてたりするんやけどさ。


ほら、お隣さん思い出しそうでさ。


ま、今日はセレッソの時みたいに熱くなる要素も少ないだろうし、
そこまで思い入れがある訳でも無いから、
気軽な感じで観戦してこようと思ってます。 はい。



でも多分「かがーわ!しんじっ!!ドドンドドンドン!」は言うやろうな。
いや、「ドドンドドンドン!」は言わねーよ。 吉田じゃねーし。


サポーターであるということ。

20111005
20111005 posted by (C)KishitaniMassa


ナビスコカップ準々決勝
セレッソ大阪 1-2 浦和レッズ


昨日はほんまに勝って欲しかった。
お互いに調子の悪いチーム同士の戦い。
ここで相手を叩いて上昇のキッカケになって欲しいと願ってたけどね。

結果は敗戦。

前半は完全に浦和のペースだったとか、
惜しいシーンはセレッソの方が多かったとかそういうのは色々あるとは思うけど・・・

結果が全て。

弱かったから負けたとかじゃなくて、
負けた方が精神的にもチーム的にも弱かったって感じ。

ま、今のセレッソの戦力からすると妥当なのかも知れないけどね。
それでも僕達サポーターは毎試合勝利を願って、信じてスタジアムに行くんよね。

だからこそ勝って欲しかったなーと思わなくは無いよ。


でもそれよりも残念やったのがタカの件。

多分、この写真の後で起こった事件なんやろうと思う。
実際に僕も見た訳違うねんけどね。


タカは選手としてやってはいけない事を確かにしたと思う。
それはちゃんと罰を与えるべきだし、タカも心に刻んで欲しい。
もちろんタカだけじゃなく、キヨだって蛍だって健勇だって龍だってそう。
若手だから許されるって事は無いんだし、今回のタカの処分(があると思われる)をみて
それぞれがそれぞれに何かを感じとって欲しいと思う。

セレッソには播ちゃんやモニさんの様な、
こういった時に道を正してくれるベテランがいて本当に良かった。

一緒に頭を下げてくれる先輩が居た事をありがたく思うと共に、
そんな先輩達に頭を下げさせたって事の重大さも感じて欲しいよね。

タカにはこれを糧にして成長してくれる事を信じてるし、
他の誰かが同じ様な事を起こしてしまったら、一緒に頭を下げれる様な選手になって欲しいと思う。


ペットボトルを投げた人(サポーターとは思いたくない)は、
今まで長年セレッソを応援してきたサポーターの人達が築き上げた
クラブに対しての信頼を完全に失わさせてしまったと思う。

たった1人の心無い行動が、今まで色んな人達が必死になって創って
築き上げてきた信頼を崩させてしまったってのが物凄く悲しい。

僕は長居とキンスタしか知らんから、
他のスタジアムではペットボトルですら持ち込み禁止とかってのも知らないし、
持ち込めるのはごくごく当たり前なんやと思ってたよ。

でもそれはセレッソを応援してきた多くの人達のマナーや
クラブのサポーターに対する信頼から「持ち込みOK」やったんやね。

信頼ってのは築くのは難しいけど、崩してしまうのはとても簡単。
もしかしたら次節から長居でも「スタジアムへのペットボトル持込禁止」ってなるかも知れん。

そういう事をたった1人の心無い人がやってしまったんだって事が、
同じスタジアムにいた人間として悲しく思う。

試合を観てて熱くなる事は悪いとは思わない。
選手に対して物足りなさを指摘するのも良い。
でも、試合が終わった後にまで引きずってはあかんでしょう。
サポーターとしているのであれば、結果は結果として受け入れるのもサポーターの役目やろ。



一緒に喜んで
一緒に悲しんで
一緒に怒って

一緒に結果も受け入れていくのがサポーターってもんなんじゃないの?




僕はセレッソを実際にスタジアムで応援するようになってまだ2年目やし、
サポーターって言えるのは今年からやと思ってるんやけど、
そんな奴が何を言ってるねん?って思われるかも知れないけどさ。



僕がスタジアムに行きたいと思う様になった1つにはセレッソサポーターの存在がある。

僕が初めてゴール裏で観戦するまでは
ゴール裏ってのはもっと殺伐としてるもんやと思ってたし
熱狂的なサポーターだけが入れる場所であって、僕みたいなポッと出の奴なんかは
とてもじゃないけどゴール裏なんて行けないやろって思ってた。

でも実際に行ってみると、
全然思ってた様な事は無くて生まれたばっかりの子供から年配の老夫婦まで
幅広い世代の人がいっぱい居て、
みんながみんなそれぞれの観方でセレッソのサッカーを楽しんでた。

サポーターと呼ばれる人達からも相手選手を貶したり蔑んだりする声も聞こえては来ず、
熱心に自分の愛するクラブを熱狂的に応援しているって印象やった。

それが他所から見たら「ぬるい」って思われるのかも知れないけどさ、
そういうサポーターの姿が僕には何か良い感じに見えて、
「いつかあそこに混ざりたいな」って思える様になったし、
自分がセレッソにのめり込んでいくキッカケにもなったと思ってる。


サポーターがいるからクラブがあるんだけども、
クラブがあるからサポーターが存在出来るとも言える。

サポーターの声があるから選手は頑張れると思うし、
選手が頑張るからサポーターもまた声を出せると思ってる。


決してどっちかが優位なんじゃなくて並んで立ってるものだと思うしね。
セレッソというチームとそのサポーターにはそれが成り立ってると思ってるんだけどね。


この残念な件で今後どうなるのかは解らんけどさ、
それでもまたセレッソのサッカーを観る為に僕はスタジアムに行くよ。

飯は食えねどキムタクは買う。

開放区2


仕事で外出たついでに本屋寄ったさ。
ま、いつもの定番コースなんだけども。

別に欲しい本が有る訳じゃないの。
でも本屋のあの独特の空気感が好きなの。
これが図書館じゃ駄目なんだよな。
小説から漫画から雑誌からアダルティーなやつまで、
1つの空間の中で全部解消出来ちゃうっていう本屋の空間が好きなんだよ。


そんでさ、例の如く本屋の中ブラブラしてたら、
木村拓哉の「開放区2」が発売されてたから思わずと言うか迷わずと言うかゲット。
しかも「第1刷 9月30日」ってなってるから、最近発売されたんやろうね。



ぬかったわ!
してやられたわ!
全然知らんかったわ!
拙者とも在ろう者がぁ!!!(・・・って誰だよ。)



今日本屋に寄って良かったよ。
もう1冊メンズノンノとのコラボ写真集みたいなのも置いてあったけど、
財布の中に3000円しか入って無かったもんで敢え無く断念。


それでもこの1冊買ったら財布の中に野口英世が無くなっちゃったよ。


飯が食えなくてもキムタクは買う。
どんだけ好きなんですか?

ま、彼はいつまで経っても僕の心の師匠ですよ。・・・って事で。


もう1冊のはamazonで注文しよっかな。(結局買う。)



TAKUYA KIMURA×MEN’S NON-NO ENDLESS (タレント・映画写真集)TAKUYA KIMURA×MEN’S NON-NO ENDLESS (タレント・映画写真集)
(2011/09/30)
木村 拓哉

商品詳細を見る


東方神起は2人になってから聴くんです。

東方神起 TONE


もう10月入っちゃってたね。
2011年も後3ヶ月しか無いんやね。
早いわぁ。 ほんま早いわぁ。
これは毎日が充実してるからだと思いたい。(決して加齢のせいでは無い。)


最近、東方神起良く聴くんです。

でももっぱらユノとチャンミンの2人体制になってからのしか聴かないけど。
5人の時の東方神起の曲なんて全然知らんよ。

「どうして君をすきになってしまったんだろう」くらいかな。
(もはやタイトルが合ってるのかすら解らん。)


ま、彼等も色々あって2人と3人に別れて活動してるけどさ。
2人になってから最初の曲を初めて聴いた時に「カッコイイ!」って思った。
アイドルなんやけどアイドルとは違う感じ。
なんか純粋に「こいつらカッコイイなー。」って思ったからさ。
それが僕の東方神起の始まりやったからね。

僕の中では東方神起って言ったらこの2人なんすよ。

でさ、日本でのアルバム出た事は知ってたけどさ、
まーそこまでするかな?そこまでして聴くかな自分?って位に思ってたから
買うつもりとか全然無かったんやけどさ。

別のCD買う予定でタワレコ行ったら、
東方神起のコーナーに凄い可愛らしいお姉さんがいるのよ。

しかもTONE持って買うかどうか悩んでるのよ。

思わず横に立ってCD手に取っちゃった。


こういう店が押してるアーティストの棚ってさ、
横でPVとか流したりしちゃってんのよね。
それガッツリ観ちゃったもんよ。


やっぱこいつらカッコイイわー。


で、結局買っちゃった。
思う壺ってやつです。


ま、例の如く3パターンとか出てたんやけどね。
僕そこまでファンって訳でも無いし、
それこそDVDとかってようつべで観れたりしちゃうからさ、
普通のやつ(CDのみ)のやつ買ったよ。

しかもこれが15曲入ってて他の2パターンのより3曲多いんだもん。
そっちのが得した気分にならん?



ま、そんな10月の始まりでしたよ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Recent Entries

Categories

ブログ (2106)
ももクロ (9)
KARA (24)
SNSD (5)
K-POP (9)
映画 (70)
セレッソ大阪 (51)
サッカー (48)
Mac生活 (2)
男の料理 (39)
SECRET (13)
スマ○プロ (4)
ブログネタ企画【お題】→swc4コラボ (25)
まさこのつぶやき (70)
お知らせ (20)

Archives

Bookmarks

Profile

岸谷まっさ

Author:岸谷まっさ

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Friends

この人とブロともになる

RSS

Search This Site

Link

  • 拍手ページ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。