2012-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代はT-POP(勝手に)

moblog_b4754bcb.jpg


サワッディー。

相変わらずタイに被れてます。

まーそれ以外に書くネタも無いしな。
しつこいけど書き続けとくかと・・・・。

今回タイで買って来たタイのアーティストのCD。
ショップ店員さんがめっちゃ綺麗でさ、
もちろん言葉解らんのやけど「初心者のアナタはコレを聴きなさい。」って
奨められたCDの中から自分なりに厳選して買ってきた4枚。
1番手前のPalmy以外は全部オムニバスCDでタイの今流行ってる曲ばかり集められたやつらしい。

向こうでディスコ行ったりして
タイの楽曲にも触れて来たんやけど、
思ってる以上に聴きやすいというか耳に馴染む感じが凄いしてさ。
聴いたらやっぱり良い感じやった。

別に民族的な感じがある訳でも無いし、
洋楽聴いたりK-POP聴くのとそんなに大差無いわなって感じ。
ただタイ語の歌詞は多分日本人の耳には結構合うんじゃ無いか?ってくらい
聴きやすさはあると思うんだよなー。

そんな中で最近気になったというか気に入ったってのが



NekoJump



NekoJump


タイのアイドルで双子デュオなんだってさ。

グループ名からも解る様に完全に日本を意識してるし、
日本でもデビューしてるんだって。
僕は全然知らんかったけど、T-POPを聴く人達の中では結構有名らしい。

ようつべとか観たけどさ、めちゃ可愛いの。
ちょっとアキバ系アイドルとか言われて、めっちゃ意識してる感じもするんだけど
それでも日本のアイドルよりも全然可愛いって思えちゃうよね。(アホ)




User/youtube.com/zunberabo



ダンスとかのカッコ良さを観るならK-POPなんだけど、
ちょっと緩い感じを味わいたいなら断然T-POPだね。

しばらくT-POPにどっぷりなりそう。
(単純)
スポンサーサイト

SINGHA




タイ滞在中にひたすら飲んでたビール。
SINGHA(シンハ)って言うらしい。

味はちょっと薄めな感じ?
水っぽいビールって感じだったかな。

タイではメジャーなビールなんだってね。
勿論タイ語の解らない僕には他の飲み物をタイ語で注文するなんて事は出来る筈も無く、
ただ1番最初に頼んだこのビールを飲み続けてただけ。

御飯食べに行ってもSINGHA。
バーに行ってもSINGHA。
店を替わる度にSINGHA。

注文聞きに来られても違うのどう言って頼めば良いかすら解んないやん。
知ってる言葉はただただ「ビアシン」(Beer SINGHAね)だけだったもんね。
1日5,6本は平均して飲んでたんちゃうかな。


おかげ様で日本に帰る頃にはすっかりSINGHAの味に馴染んじゃって、
日本帰ってきてから飲んだアサヒドライが辛いというか濃いっていうか。

そんな思い出のビールっすわ。
タイと言えばSINGHAってくらい飲んだよなー。
(最終日はハイネケンとか飲んでたけど)

これまた日本でも飲めない事は無いんだろうけどさ、
やっぱタイの気候の中で飲むSINGHAが美味いって思えるんだろうね。

ああ、あのカラっとした暑さの中でSINGHA飲みてぇなぁ。
(クソ暑いの嫌いなくせに)

タイ料理は美味し

なんか思い出が残ってるうちに書いとかなきゃ駄目だなって思ってしまったので
ひたすらタイネタ書いてみる。

今回の旅行で言葉の壁と同じくらい気になってたのが食。

タイに行く前に1回タイ料理の店に連れて行って貰った事もあったんだけど、
そういうところってのはやっぱり日本人の口に合う様にちょっと食べ易くアレンジされてたりして、
あんまり参考にならんなってのが正直な感想やったんよね。

実際に現地にいって初めて食べたタイ料理ってのは
ショッピングモールの最上階にあるフードコートやったんやけどさ。

もちろん言葉も通じない。
困った時には指を指せの精神でなんとか注文したのがこれ。





料理の名前なんてもちろん解らん。

炒飯と焼きそばみたいなのん?
それにパッションフルーツのジュース。

これで160バーツくらい(約400円くらい)

タイの料理ってさ、辛いとかすっぱいってイメージあるんだけどさ、
基本的には薄味なんだよね。
それで各料理の窓口の所に4種類くらいの調味料が置いてあるんよ。
もちろん何が何かなんて解らんけどさ。
それを自分の好みで掛けて食べるってのがタイのスタイルらしい。

この恐る恐る注文して食べた炒飯にナンプラー掛けってのに僕めっちゃハマった。
タイのお米って日本の米よりも細長くてパサパサしてるせいか
炒飯とかの炒め物にめっちゃ合うんよね。

普通に食べてももちろん美味しかったんやけど、
このタイ米の炒飯ってのに思いっきりハマっちゃったね。


2日目はラーメンとカレー。


moblog_cf98073f.jpg


タイのカレーってのも辛いイメージ強いんだけど全然そんな事なくて、
「これがカレーなん?」ってくらい薄い感じなの。
ほんまイメージだけでタイって国を見てたなーって実感させられたね。


で、ここで気付いたんやけど、
タイの人って基本的に小食みたいな感じなんよね。
僕達みたいに2皿とかトレイに乗っけてるのって外国人だけなんだよ。
タイ人は基本みんな1皿+水って感じ。
そりゃあみんな細いしスタイル良いわ。


moblog_a84e4f18.jpg


てな訳で3日目は僕もタイスタイルにならってみて炒飯1皿のみ。
これでもこのボリュームなんだけどね。
これ1つで60バーツ(約150円)だからさ、かなりお得よね。

もちろんどの料理にもパクチーとか入ってたんだけど、
思ってた以上に全然平気って感じやってさ。
何食っても美味い美味いって感じだったよ。

日本に帰って来て即ナンプラー買っちゃったもんね。
それでも日本の米での料理は全然違うね。
タイ米の炒飯が食べたいわー。

これだけタイ料理に自分の口が合うとは思わなかったなー。


香りに包まれて過ごしたい

moblog_9c73a38a.jpg


サワッディーカップ。

先週の今頃はタイに居たんだなぁって思うと時間の経つのはほんま早いね。
なんか日本に帰って来てから味気ない毎日を過ごしてて、何とも物足りない。

早くもまたタイに行きたいとか思ってる。

やっぱり日本には香りが無いんだよな。
慣れてしまっているから感じないのかも知れないけど、
タイに滞在している間中ずっと感じてたタイの香りっていうの?
優しくその香りに包まれながら過ごしてる毎日が凄く懐かしく思うし、
あの空気の中にいるのは癒されてたなって感じるよ。


なんかね、日本つまんない。


そんな感じ。

そんな訳で自分用に買って来たアロマキャンドルに火を点けようと思ったんだけど、
あまりの綺麗さに勿体なくてそれも出来ないっ!!!

今までアロマキャンドルとかお香とかってそんなに興味惹かれてなかったんだけど、
タイでもっと買ってくれば良かったなって思うぐらい香りに包まれたい感じ。


つー訳で、昨日からお香セット探して買って来て焚いてるよ。

タイで感じた香りとはまた違うんだけどさ、
って言うかタイのあの香りを探し出せないんだけどさ、
香りのある部屋がなんか落ち着く。

体質変わっちゃったかな?


イン・ザ・タイランド

moblog_513fa402.jpg


サワッディーカップ。


タイに行ってました。
パラダイス銀河....じゃなくって、パラダイズinタイランド。


いやー楽しかった。

気温は30度近くあってちょっと歩くだけで汗ダラダラ。
御飯食っては辛いのに当って汗ダラダラ。
ちょっとホテル出て2.3時間外出てはホテルに戻ってシャワー浴び、
また2.3時間出歩いてはホテルに戻ってシャワー浴びの繰り返しだったけど
なんしか楽しかった。


最初は街中にスリとかめっちゃおって
油断してたら鞄ごとパクられんじゃないか?とか思って、
ビクビクしながら歩いてたりもしたんだけど(だってそういうとこ連れてかれるし)、
2日目とかになるとだいぶ気持ちも楽になってきて
そこからがめちゃ楽しかったね。

まーどこに行っても日本語は基本通じないし(そこそこ喋れる人はいる)、
英語は結構みんな解るみたいなんだけど、僕の英語力が0に近いしさ・・・。

言葉の壁にはちょっとしんどい思いはしたけど、それ以上に楽しかったよ。

最初の1日半くらいはホテルから出歩くのがちょっと億劫になりかけたりもしたけど、
最終日には「まだタイに残りたい。」って思ってたくらいだしね。


それぐらい楽しかったですよ。


また是非行きたい国になったわー。


・・・という訳でタイレポート終わりっ。











ってのは冗談だけどさ。

僕にとって初めての海外旅行。
何で初めてがハワイとかヨーロッパじゃなくてアジアなの?って感じ。
それもタイなの?って感じすら思ってたけどさ、
今思うと初めてがタイで良かったなって思えちゃうね。

もう海外旅行なんていいやってんじゃなくて、
また海外旅行に行きたいって思えたのが嬉しい事やんね。


それにしても日本に戻って来てからの寒さに未だに慣れやしねぇ。
寒すぎるぜ日本!!!


センチメンタルジャナイ・ジャーニー




まっさはもうさんじゅうななだか~ら~♪
な~にかに誘われて~(ないけど)♪
あ~なたに さらわれて~(ないけど)♪

センチメンタル・じゃない・ジャーニー♪



つー訳で旅に出ます。





ほな皆様、生きて帰ってこれたらまた会いましょう( ̄^ ̄)ゞ

2012年は優子推しなワタシ




いや~買っちゃった。
しかも僕にしては珍しくがっつり読み切っちゃった。

今ね、僕の中で大島優子グイグイ来てますからね。
昨年末のドラマのボブな感じの大島優子に
がっつり食いついちゃったからね。

それにしてもこの本色んな大島優子が載ってて、
最近AKBに対する印象が変わってきてたことに加えて
加速した感じにさえ思えて良かったわ。

何よりも大島優子を好きになる入り口が、
「女優 大島優子」で良かったなと。

2012年は大島優子推しでいっちゃうよ♪

指先に出来た波動砲



料理するのが楽しくって調子こいてたら、
玉ねぎスライスするついでに
自分の手までスライスしてしまったやないの。

これまた中指の指先とか不便で仕方ないわ。
しかも血止まらんし。。。

・・・って今日まで絆創膏何重にもしてたんやけど、
風呂上りに剥がしてみたら
何となくヤマトの波動砲みたいやない?

ま、出るのは波動砲じゃなくて、
じんわり血だけですが。
そんなんじゃイスカンダルどころか、
僕の空腹すら救えやしない。


皆さんも気をつけましょうね。(お前が言うな。)

VIVA TAJINE

1月最初の三連休ー♪
2012年最初の連休ー♪
成人式なんてもう片手じゃ数え切れない昔に終わっちまったぜー。
もうすぐ初老の仲間入り、キシタニです。

連休とかあっても別にさする事がある訳じゃないからさ。
年末に買ったコイツで久々に料理でもちょっとやるかーってそんな連休に。

moblog_670f7598.jpg



年末買ったコイツってタジン鍋ね。



まだまだレシピ本手放せないんだけどさ、
いざ作ってみたらこれが超簡単なのよ。
しかもレシピ本どおりに作ってるのにめっちゃ美味いの。

しかも10分程度で出来ちゃうからさ、
仕事終わって帰って来てから作っても全然間に合っちゃう訳よ。

こりゃあ良いわ♪

で、連休ちょっと気合い入れて作ってみた。


豚ひき肉、キャベツ、にらのキムチ煮(ニラ無し長ネギで代用)

moblog_0d897b0f.jpg


チキンとポテトの塩味煮

moblog_5bb6bfa1.jpg


しめじ入りクリームコーンシチューライス

moblog_0f71917e.jpg


小松菜、玉ねぎ、麩の卵とじ

moblog_642fcaba.jpg


とまぁ、どれもこれもレシピ通りに作ってみただけなんだけどさ、
どれも1品作るのに10分掛からないしさ、材料もそんなにたくさん必要ないしでかなり良い。
ちょっとね、料理熱刺激されちゃったよね。
・・・・・って、タジン鍋が料理するんだけどさ。

こうなると僕の性格上、アレも作りたいコレも作りたいってなるんだよね。
それが良いのか悪いのか解らんけどさー。
ま、なんにせよしばらくタジン鍋大活用しそうやわ♪


2012年はタジン鍋から始まる

あけましておめでとうございます。(今更)

2012年も明けてもう3日目やーん。

相変わらず2012年もぐだぐだな感じです。
今年は元旦から食べ過ぎたのか飲み過ぎたのか寝落ちで身体冷えたのか知らんけど
体調が優れないっす。

2012年しょっぱなから初老感を多いに感じさせられました、キシタニです。

moblog_e27b3abe.jpg


さてさて本日は「タジン鍋で太らないごはん」を読んでます。


別に太らないって事を重要視してる訳じゃないよ。
しかもこの本去年の夏頃に買ってたしね。

なんで今頃かって言うと年末にようやくタジン鍋買ったから。
しかもSALE品のさらに30%OFFだったからね、思わず買っちゃったよ。


さっそく昨日集まった親戚にタジン鍋買った報告をしたんだけども。

叔父「タジン鍋ってほれ中国とかエジプトとかの調理器具やろ?」

岸谷「いや、ちゃうやろ。タジン鍋って言ったらモンゴルの調理器具やろ?」

叔父「そうそう、あれやろ?朝青龍と一緒に日本に広まったんやろ?」

岸谷「んー。そうかも知れんよな。」


今日見たら、タジン鍋ってモロッコ(アフリカ大陸)の調理器具でした。
どっちも微妙に間違ってるやんけ。


そんなこんなで今年もよろしく。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Recent Entries

Categories

ブログ (2106)
ももクロ (9)
KARA (24)
SNSD (5)
K-POP (9)
映画 (70)
セレッソ大阪 (51)
サッカー (48)
Mac生活 (2)
男の料理 (39)
SECRET (13)
スマ○プロ (4)
ブログネタ企画【お題】→swc4コラボ (25)
まさこのつぶやき (70)
お知らせ (20)

Archives

Bookmarks

Profile

岸谷まっさ

Author:岸谷まっさ

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Friends

この人とブロともになる

RSS

Search This Site

Link

  • 拍手ページ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。