2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕の初恋をキミに捧ぐ。

今日は久し振りに映画観に行って来た。

最近なんかスッキリした気分になれない事が多くてモヤモヤしてたんやけど、
こういう時って何でも良いからいつもと違う事したりして刺激を体内に入れたくなるっていうか。

そういや余裕もそんなに無くて映画も最近行ってないな?って思ってさ。
何日か前に深夜うたた寝してて目覚めた時にやってた映画特番観て、
なんか気になっちゃった映画を観に行って来ましたよ。





「僕の初恋をキミに捧ぐ」



原作は少女マンガなの?これって。
でもそういわれてみれば少女マンガの王道的な感じの純愛物って気もするよね。

ま、だからってそこが観るかどうかの基準になんてならないんやけどさ。
僕は基本的に紹介文(ストーリー)なんかを読んだり、予告をTVなんかで観たりして
自分が「観てみたい。」と思った映画を観るようにするってのが基本。

他の人の批評だとかはあんまり興味が無いって感じ。
ま、誰でもそうやんね(とか言いつつ、こんな記事書いてるけどさw)。

ストーリーはほんまに純愛の王道って感じやった。
命の期限を宣告された男子と、その男を出会った時からずっと好きで
その自分に本当に正直で真っ直ぐに進んで行く女子。

僕の中での純愛物ってイメージは、
2人に待ち受けている運命が過酷でもあるんだけど、そこから逃げずに立ち向かって行く。
そこにはささやかな奇跡が待っていて・・・・・・みたいな感じやってんけどさ、
最近の傾向なのか最後に奇跡は舞い降りては来ないんやね。
「世界の中心で愛を叫ぶ」ぐらいからじゃないかな?って勝手に思ってたりもするんやけど、
死ぬ運命にある人は結局最後には死んじゃうよね。

そういうのは事実ではあるけど、物語の定番では無いと思ってたけどさ、
やっぱり奇跡なんていうのはそうそう簡単には起こらないもんなんよね。
そういった意味では今のより現実に近い感じの結末の方が僕は受け入れ易かったりもするわ。

この映画は「セカチュー」とは逆で、女の方が後に残されていくパターン。
めちゃくちゃ好きだった男の死をどう乗り越えてるのかってのも興味はあるとこなんやけどさ、
やっぱり僕は男なもんで主役の男の方に偏っちゃうって言うか感情移入しちゃう。

自分の大好きな人を残して逝かなくてはいけないって気持ち。
自分がめちゃくちゃ好きな相手を自分の手で幸せにする事が出来ないって歯痒さ。

そういうのは悔しくて悔しくて堪らないんやろうなって思う。

出来る事なら自分の事なんて忘れて別の人と幸せになって欲しい。
幸せになる権利を誰もが持っているのに、自分のせいでその権利を放棄して欲しくない。

男なら誰だってそう思うだろう。

でもいつも自分一緒にいて、自分が死ぬ時まで側にいたなら
きっと彼女は幸せになる権利を放棄してしまうだろうって事が手に取る様に解るんやろうね。
それなら自分が生きている間に彼女とはちゃんと別れておきたい。
そういう気持ちはめちゃくちゃ解る気がする。

男はもし幸せに出来ないと解っていたなら手を離すべきなのかも知れないよね。

幸せにする努力を続けていけると思えるんなら、手は離すべきじゃない。
でも決して叶わない想いなのなら僕ならそのままその手を繋いでいられるだろうか?
そんな思いで頭の中が結構パンパンになって、めちゃくちゃ考えさせられた。

でも女の想いとは男の想いってのはいつでも同じ方向をむかないんだろうね。
そんでもってやっぱり初恋は実らないもんなんやんね。

だから泣けるんやろうけどさ。



そんなこんなで映画の結末言っちまった感じもするけど、
僕は「セカチュー」よりもこの映画の方がとても悲しくとても染み入る感じでした。

もし映画を観る事があったなら、
観終わって涙を流しきった後に、その足で本屋に行って原作を手に取ってみて下さい。
マンガの方じゃなくて小説で映画の原作が出てるんやけど、
そこには映画とは少しだけ違う結末が用意されています。

僕もたまたま本屋でその原作本を手に取り、最後の数ページにだけ目を通したんやけど
そのおかげで僕の中でこの映画が更に素敵な結末を迎えた気になれましたよ。

でも、決して先に原作を読む事はお薦めしませんけどね。



で、やっぱり少女マンガが原作で、純愛物でって言う100%女性向けって感じの映画かも知れんし
映画館にも僕を含めても男性の数ってのは両手に余る程度しか居なかったけどね
(それも僕以外は全て彼氏彼女って状態やったけど)、
それでも男性にこそこういう映画を観て欲しいと僕は思うけどな。

そんで自分の隣にいる大切な人をもう少し想ってあげられる様になれば最高やのにね。
(余計なお世話www)
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

あわせて聴いときたい。 «  | BLOG TOP |  » ずるい。

Recent Entries

Categories

ブログ (2106)
ももクロ (9)
KARA (24)
SNSD (5)
K-POP (9)
映画 (70)
セレッソ大阪 (51)
サッカー (48)
Mac生活 (2)
男の料理 (39)
SECRET (13)
スマ○プロ (4)
ブログネタ企画【お題】→swc4コラボ (25)
まさこのつぶやき (70)
お知らせ (20)

Archives

Bookmarks

Profile

岸谷まっさ

Author:岸谷まっさ

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Friends

この人とブロともになる

RSS

Search This Site

Link

  • 拍手ページ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。