2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2日遅れた手紙の返事をここで。

空の雫。
空の雫。 posted by (C)KishitaniMassa.


僕は小さい頃から片親だったから、ずっとばあちゃんっ子やったで。

僕らの時代は「鍵っ子」なんて言われて、ちょっと嫌な思いをする事も少なくは無かったから
毎日学校が終わるとばあちゃん家に預けてある鍵を取りに行って、
そのまんま母親が帰ってくるまでばあちゃん家で遊んでた。

もちろん自転車なんて買って貰える訳も無く、
保育所上がりの僕には学校といってもそんなに親しい友達がいる訳でも無かったから、
遊び相手といったらもっぱらばあちゃんやった気がする。

そんなばあちゃんも亡くなってから8年になるかな。
日韓W杯の初日だったからさ、あれから4年毎になんとなく思い出すよ。
そんな訳で今年もまた思い出した。

でも8年って月日は短い様でやっぱり長くてさ。
辛い思い出はいつの間にか思い出せなくなってるんよね。
だから同じ悲しさはあっても8年前とは全然違う。

今は悲しさに負けそうになるから、きっと悲しさを押さえ込もうとするのかも知れないけどさ
何年かすれば持ち出してきたくても全然持ち出せなくなるんやで。

今は無理して笑おうとしなくても良いと思うよ。
今だけしか思いきり悲しむ事はきっと出来ないと思うからさ、
色んな事を思い出して泣いて泣いて泣いて笑って泣いてってすれば良い。


人は誰もがいつかは死ぬ。

僕だってそうだしあなただって例外なんかじゃないよね。
でもそれにもきっと順番があって、やっぱり「おじいちゃん・おばあちゃん」って呼ばれる人達から
順番が回ってくるんだよね。
逆に僕達残される側にはちゃんとその悲しみを受け止める義務があるんじゃないかって思うよ。
それがその人が生きてた証になるんじゃないかって思うし、
悲しみを受け止めて貰えた数の分だけその人は幸せな人生を送れたって事じゃないのかな?

だから今は無理に我慢しないで、思い出せるだけ思い出してあげれば良いよ。
「いつまでも泣いてたらあっちに行けない。」なんて思って切り替えるのは男の役目で良い。
男は「笑って向こうに行ける」様に無理して笑顔を作れば良いけど、
女は「いつまでも浸ってんじゃないよ」って言われるくらい思い出して泣いてあげれば良い。

悲しみは時間が和らげてくれて、いつか優しく思い出せる日が絶対来るよ。
それまでは無理に前に進まなくても良いんじゃないかな?と僕は思うよ。


2日遅れの手紙の返事です。(解る人だけ解れば良い。)
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

ちいさい春。 «  | BLOG TOP |  » るいちゃんの玉子焼き。

Recent Entries

Categories

ブログ (2106)
ももクロ (9)
KARA (24)
SNSD (5)
K-POP (9)
映画 (70)
セレッソ大阪 (51)
サッカー (48)
Mac生活 (2)
男の料理 (39)
SECRET (13)
スマ○プロ (4)
ブログネタ企画【お題】→swc4コラボ (25)
まさこのつぶやき (70)
お知らせ (20)

Archives

Bookmarks

Profile

岸谷まっさ

Author:岸谷まっさ

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Friends

この人とブロともになる

RSS

Search This Site

Link

  • 拍手ページ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。