2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8



たまにはセレッソの事でも書くか。
(ってどれだけ書いて無いんだよ)


今年の新体制発表と共に新背番号の発表がありましたね。

当然サポさん達の間でももっぱらの話題はっていうと「8番」が誰になるのか。
当然の事ながら柿谷曜一朗が背負うものだと言われてたんだけどさ、
いざ蓋をあけてみるまでは・・・ってやつですよね。


で、セレッソの「8番」って言うとエースナンバーな訳ですよ。
どこかの誰かがミランの「6番」や「3番」や、ナポリの「10番」と同じ価値があるって言ってたし、
マンチェスターユナイテッドの「7番」と同じ意味を持つセレッソの「8番」な訳。

誰でもが背負える訳では無い番号。
該当する選手がいなければその歳は欠番になって然るべき番号。
毎年話題に挙がり、「あの選手では駄目だ」「あの選手なら納得出来る」とサポーターの間でも
賛否両論が出る番号。

で、僕はというとなんだかんだで今年はセレサポ暦4年目に突入。
「8番」に対する想いは他のサポさん達とは少し違う。


ってのが本音。


もちろん森島が背負ってたのは知ってる。
森島が「8番」を背負いずっとセレッソを引っ張って来たのも知ってる。
だからこそのエースナンバーなんだというのも充分に理解してる。

でも僕が知ってるセレッソには森島は選手としていなかった。
僕が初めて観たセレッソの「8番」は香川真司だったし、
僕の知ってるセレッソの「8番」は香川真司でしかなかった。

もちろん森島から真司へ「8番」が受け継がれた(形式的な事じゃなく)経緯すら知らない。
(情報としては知ってるけどね)

だからこそ簡単にセレッソの「8番」について口を開くべきでは無いと思ってたし、
正直「8番」に対する思い入れなんて全然無かったってのが本音なとこ。



でも今年は違う。



去年曜一朗がセレッソに戻ってきた時も「この目で見るまでは手放しで応援出来ない」なんて
偉そうな事言ってたけどさ、
実際に自分の眼で観た曜一朗のプレイにめっちゃ心躍ったし、
乾がいなくなったセレッソの中で誰をメインに応援しようかと思ってた僕の中に
思い切り「柿谷曜一朗」を刻み込んでくれたし。



そんな曜一朗が今年はセレッソの「8番」を背負う。



僕の中でのセレッソの「8番」は香川真司じゃなかった。(サポ暦が浅すぎて)
もちろん清武弘嗣でもなかった。

なんか今まではセレッソの「8番」を誰かが背負うってイメージが無かったのかも知れない。

でも今年は違う。
僕が自分で観てプレイを好きになって応援したいって思えた曜一朗が背負う。

期待度とかそんなのどうでもいい。
そういったものは後から自然に付いて来る。
ただただ去年と同じ様にピッチを走り回って
たまに「おおっ!」って思うプレイで僕をワクワクさせてくれたらそれで良い。

そして出来るだけ長くその「8番」を付けてセレッソでプレイしていて欲しい。


そんな思いもあって今年は初めてセレッソの「8番」を買った。
そして理由なんて何も無いんだけど、僕が着るセレッソの「8番」は最初で最後だとも思う。
なんかそんな気がする。

まだまだ古くから観てきたサポさん達の想いには届かないんだろうけどさ、
ここから僕のセレッソの「8番」が始まった気がするよ。

スポンサーサイト

ドリアンチップス «  | BLOG TOP |  » Bluetooth。

Recent Entries

Categories

ブログ (2106)
ももクロ (9)
KARA (24)
SNSD (5)
K-POP (9)
映画 (70)
セレッソ大阪 (51)
サッカー (48)
Mac生活 (2)
男の料理 (39)
SECRET (13)
スマ○プロ (4)
ブログネタ企画【お題】→swc4コラボ (25)
まさこのつぶやき (70)
お知らせ (20)

Archives

Bookmarks

Profile

岸谷まっさ

Author:岸谷まっさ

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Friends

この人とブロともになる

RSS

Search This Site

Link

  • 拍手ページ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。